住宅建築や賃貸するときは相場や設備を考える

注文住宅を建てる

分譲住宅ではなく、注文住宅の需要が高まっています。自分好みの家づくりが可能になっています。依頼できる業者もいくつかあるので、特徴やメリットを見ながら選択する必要があります。

工夫がされている家

賃貸住宅であれば、月々家賃という形で支払うことで暮らしていくことが出来ます。家賃を支払って暮らすので、なるべく条件のいいところを選びましょう。現在はリノベーションがされた賃貸物件も増えています。

賃貸マンションの今後

賃貸マンションに住む人が増えています。設備が充実していたり、防犯対策が行われていたりとメリットが多いからでしょう。今後の動向も見据えながら、賃貸マンションという形を検討してみましょう。

相場も見ながら

立地条件によって、賃貸物件の家賃相場は違ってきます。敷金や礼金も、必要なところと不要なところがあります。敷金は、賃貸物件の原状回復費用として充てられることがほとんどです。

不動産の数ある利点

不動産には、賃貸や購入、新築や中古といった様々なタイプがあります。不動産の中でも、賃貸物件であれば借りたときと同じように戻す必要がありますが、古い物件であればリノベーションを許可しているところもあります。

注文住宅の魅力

最近話題のZEHとは

注文住宅というのは施主の要望を反映させたり、いち早く最新の設備をマイホームに導入することができる建築方法として人気のある建築方法なのです。最近注目されているのがネットゼロエネルギーハウス通称ZEHなのです。ゼロエネルギーといっても私たちが生活するうえでエネルギーを使用しないということはできません。ゼロエネルギーハウスとは使用するエネルギー以上のエネルギーを自宅で作り出す住宅のことを指します。政府も2020年を目標に省エネ基準の義務化を検討しているのです。こうした住宅をいち早く手に入れることができるのが注文住宅なのです。さらに2013年には14年ぶりに省エネ基準が見直されました。住宅本体の性能はもちろんエアコンなどの住宅に付属する設備の省エネ性能も併せて考慮されるものとなりました。

ZEHを実現させるために必要なこと

もちろん注文住宅だけでなく規格住宅でもZEHも多く登場しています。しかしまだまだ広まっていないのも実情です。さらにネットゼロエネルギーハウスは導入時に高額の設備を設置する必要があり、メリットはあるものの建築費が高額になってしまうなどのデメリットもあります。とはいえZEHを推進するための補助金制度があるほか住宅エコポイント制度など多方面からのサポートがあります。こうしたサポートを利用することで初期投資費用を抑えることができるほかその住宅で生活する数十年にわたり光熱費などの負担を軽減することも出来るのです。 ZEHにも判断基準があり、家電などの消費電力もすべて考慮してゼロエネルギーを実現している住宅はまだまだ少ないのも現実です。しかし生活家電の消費電力を考慮せずにエネルギー収支を計算した場合にはより多くの住宅で実現しているのです。ZEHを実現させる上で欠かせないのが太陽光発電ですが、注文住宅で家を建築することによりより効率の良い住宅を設計することができるのです。